規格外でもいいじゃない!!

強迫性障害と付き合うまことくん。その妻たまこ。個性的な3人の子ども達。規格外な5人家族の日々をつづった漫画ブログです。

タグ:精神科通院

いつもありがとうございます(´∀`*)

はじめての方はこちらへどうぞ
「家族紹介」

※記事の最後にコメント返しあります※

そういえば、メンタルの病気の事
結構書いてきたのに、自立支援について
触れたことがなかった…!!
と、思いまして

自立支援法1
うつや統合失調などで長期通院してる方は
ほとんどご存知だとは思いますが!!
自立支援医療費制度は申請すると
医療費の負担が軽減される
とてもありがたい制度です
こちらに詳しくまとめてあります~

自立支援法2
自治体によっては、この「一割負担」部分を
補助してくれるところもあるので
実質窓口負担は無料になるケースもあります
(我が家の場合、今は回復して
2ヶ月に一回の通院となりましたので
自立支援の申請はやめました)

自立支援法3
「わあすごい!
いい制度があるんだねぇ」
みたいな反応があるかと
思ったのですが…
自立支援法4
こう言ったお義母さんの真意はわからない
人一倍自立心が強く
人に迷惑をかけたくない人だから
行政のお世話になることが
抵抗があるのかもしれないし
そういうことに「恥」の感覚が
あるのかもしれない
(精神疾患で、というところが
またひっかかるかもしれない)
お義母さんに限らず、ある程度年代が上の方たちは
こういう感覚、きっとあるんだろうなと思う

自立支援法5
必要な人が抵抗なく
こういう制度を利用できればいいね!!


↓こちらもあわせてどうぞ~↓
「強迫性障害~発症から通院まで その1」

強迫5
①~⑦まであります
まとめ読みはこちらから


「まこと近況②【わからなくてもいいや】」へのお返事です
※すべてにお返事できずごめんなさい※

@なっちんさん
そう、わからないものを排除せず
へぇぇちがうんだねぇおもしろいねぇ
って思えたらラクになりますよね~♪

@あさみりさん
そうなんですよ!!
我が子でさえ、別の人間、別の人格です
でも、自分の子どもに関しての方が難しい(涙)
ついつい「自分の一部」みたいな感覚になってしまって
ひとりの人間として尊重出来ないときがあります
まことくんで練習して子どもに還元したいなと思ってます…

@kawanonさん
学校、特に義務教育の期間っていうのは
自分と違うものを排除する傾向にありますよね
同じだということに安心して
違うものは変、気持ち悪い、怖い
わたし自身小学校中学校はつらかったなぁと思います
そこだけが世界のように感じて行き場がないんですよね
だけど、ちょっと外に目を向けてみたら
絶対に自分と気が合う人たちのコミュニティってあるから
息子さんと同じ趣味の人たちが集う場所に出かけてみるとか…
学校でみんなと仲良くなるなんて無理な話です
狭い水槽から出た瞬間世界が広がるはずだから
息子さん、大丈夫だよ

@のぎさん
まことくんは診断されてませんが
たぶん発達障害もあると思われます
(幼少期の話を聞いてると)
みんな、同じ世界に生きてるけど
見え方感じ方は違うということなんですよね
過去記事:「後日談&コメント欄について」

強迫6

@とむさん
わーっありがとうございます!!
うまく言葉にできるかなと思って
ちゃんと伝わるかなぁと思いながら描きました
多分、全部わかっちゃったらつまらない
わからない部分があった方がたぶん
おもしろいですよね(笑)


↓おすすめ記事↓
「たまこのうつ病体験記」 第一話はこちら
「強迫性障害」の漫画
「強迫性障害~発症から通院まで」
「うつからの~2人目出産記」 第一話はこちら
「3人目妊娠記録」

↓LINEで更新通知が受け取れます!!
ライン更新ボタン1
↑クリックしてね☆

ツイッターボタン1
↑ツイッターでも更新通知してます

インスタボタン1
↑過去漫画を読みやすく再UPしてます

☆書籍のご案内☆
まことくんの強迫性障害の話と
たまこのうつ病体験記が書籍になりました






お仕事用のアドレスこちらです↓
ryu.tamako2@gmail.com


↓ランキング参加中☆ポチっとね☆


メンタルヘルスランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ
にほんブログ村